Final Cut Pro X - Apple(日本)
Final Cut Pro X
-80%

Final Cut Pro X

品番: Final Cut Pro X
在庫: 在庫あり
Special price:¥6,000
Old price:¥30,000
You save:¥24,000
-+
 
(最小ご注文単位 120)

この製品について質問する



ポストプロダクションに、

限りなく美しい進化を。



作業のスピードが上がります。

進化したMetalエンジンにより、Final Cut Proで一段と複雑なプロジェクトの編集ができるようになります。より大きなフレームサイズ、より高いフレームレート、より多くのエフェクトも扱えます。そのすべてが圧倒的な速さです。しかもFinal Cut Proは新しいMac Proの並外れたパワーを活用できるように設計されているので、次のレベルのパフォーマンスが手に入ります。


Metalで一段と高速になる

パフォーマンス

Metalは、レンダリング、リアルタイムエフェクト、書き出しといったグラフィックスのタスクを劇的に高速化します。ビデオエディターが15インチMacBook Proで作業をする場合、レンダリングパフォーマンスは最大20%スピーディーに。iMac Proを使えば最大35%速くなります1。さらに、eGPUが接続されたシステムで作業をしている時は、内蔵と外付けのどちらのGPUを使うかを選べるので、最も高いパフォーマンスを活用できます。


まったく新しい
Mac Proのために最適化

最速のMacである新しいMac ProでFinal Cut Proを使えば、究極の編集作業を体験できます。Final Cut ProはMac Proに搭載されたすべてのGPUを活用し、マルチスレッディングを使って最大28コアにタスクを分散。Mac ProにオプションのAfterburnerカードを組み込むと、AfterburnerとマルチコアCPUの間でデコーディングが動的に分散されるので、Mac ProでのProResとProRes RAWのパフォーマンスがこれまで以上に速くなります。それはつまり、画期的な8K解像度でのビデオ編集、モーショングラフィックス制作、カラーグレーディングといった作業を、すべて最大限の速さで行えるということです。


必要なツールを、
オープニングからエンディングまで。

革新的な機能と直感的なデザインを持ったFinal Cut Proが、ポストプロダクションを加速させます。エディターは思いついたことをすぐさま形にして、配信することができます。


ビデオ編集

マグネティックタイムラインを使うと、衝突や同期の問題を起こすことなくクリップの移動やトリミングができるので、

様々なストーリーのアイデアを簡単に試せます。複合クリップを使って別々のビデオクリップとオーディオクリップを1つの

移動可能なパッケージにまとめたり、オーディションを作成してタイムラインの中で複数のテイクを試したり、同期した

クリップを使ってビデオとセカンドソースオーディオを自動的に揃えることもできます。カラーコーディング機能で

異なる種類のコンテンツを識別しやすくしたり、編集中にタイムラインのルックをカスタマイズするのも思いのままです。


管理ツール

Final Cut Proは、あらゆるプロ向けビデオ編集アプリケーションの中で最も高度な管理ツールを持っています。クリップ全体

またはクリップ範囲に簡単にタグ付けして検索用のメタデータを加えたり、あなたが設定した条件セットに従ってコンテンツを

自動的に集めるスマートコレクションを作成することができます。スキミングを使えば長時間の素材をより視覚的な方法で

効率良くチェックできるので、必要な素材をすばやく見つけ出せます。


モーショングラフィックス

Final Cut Proの中で2Dタイトルや3Dタイトルを制作したり、フィルタの適用や変更をしたり、内蔵されている

クロマキーを使って高品質なグリーンスクリーンやブルースクリーンのエフェクトを加えることができます。

数えきれないほど用意されている他社製のツールとテンプレートを使って、内蔵エフェクトを拡張することもできます。

一段と正確なコントロールが必要な場合は、Motionを使いましょう。Final Cut Proからアクセスできる、

目を奪うタイトル、トランジション、ジェネレータ、エフェクトを制作できます。


オーディオ
Final Cut Proでは、背景ノイズを除去したりレベルを最適化するための内蔵ツールを使って、マルチチャンネル
オーディオを編集することができます。マルチチャンネルオーディオファイルはタイムラインの中で直接調整できます。
より多くの情報とオプションを表示したい場合は、インスペクタを開きましょう。オーディオの圧縮やEQなどのための
バンドルされたプラグインも数多くそろっています。Logic Pro Xのようなプロ向けオーディオアプリケーションに送って、
高度なオーディオミキシングを行うこともできます。

配信
マルチコアCPUと高性能なGPUのパワーを使って、ビデオをすばやくエンコーディングできます。超高画質のマスターや、
iPhone、iPad、Apple TV、およびYouTubeやVimeoなどのウェブサイト用に最適化されたファイルを配信する場合は、
プリセットを活用しましょう。さらにバッチ書き出し機能を使えば、複数のファイルやプロジェクトを複数のフォーマットですばやく
配信できます。Compressorを使ってカスタム書き出し設定を作成し、Final Cut Pro内に直接表示させることもできます。

マルチカム

業界で最先端のマルチカム編集により、フォーマット、フレームサイズ、フレームレートが異なる最大64アングルのビデオを自動的に同期させることができます。アングルビューアでは、最大16アングルを一度に表示できます。個々のクリップを移動、同期、トリムしたり、エフェクトを追加したり、カラーグレーディングを行うには、アングルエディタのタイムラインを開きましょう。

ビデオのノイズリダクション

グレインや映像のノイズを軽減または除去するパワフルなノイズリダクションツールを使って、アーカイブ映像や低照度の映像のルックをより美しくすることができます。シンプルなコントロールにより強度をすばやく調整でき、インスペクタ内でエフェクトをドラッグするだけで処理の順番を簡単に変更できます。

MotionとCompressor

Motionなら、Final Cut Proで開いて調整できるスタジオ品質の2Dタイトルと3Dタイトルなど、目の覚めるようなエフェクトや大胆なグラフィックスを制作できます。Compressorを使うと、カスタム書き出し設定を作成して、あなたの映像をiTunes Storeへ効率良く送信することができます。しかも、Final Cut Pro、Motion、Compressorはすべて同じMetalアーキテクチャを採用しているので、どのアプリケーションでもパフォーマンスが圧倒的に速く、レンダリングに一貫性があります。


高度なカラーグレーディング。
すべてのピクセルを、より完璧に。

Final Cut Proには、数々のプロ向けカラーグレーディングツールが内蔵されています。例えば、カラーホイール、カラーカーブ、ヒュー/サチュレーションカーブ。徐々に補正を調整するためのキーフレームを備えた専用のカラーインスペクタもその一つです。より広範囲の輝度を表示する最新のMacシステムはハイダイナミックレンジの映像で作業ができますが、究極のHDR体験を求めるなら、まったく新しいPro Display XDRに接続しましょう。

カラーホイール
ヒュー、サチュレーション、ブライトネスを一つのシンプルなインターフェイスにまとめた
独自のカラーホイールが、従来のコントロールをより使いやすいものにします。


カラーカーブ
カラーカーブとルミナンスカーブを使えば、極めて微細なレベルで調整を行えます。複数の
コントロールポイントを操作して、特定のカラーとブライトネスの範囲に的を絞ることができます。


ヒュー/サチュレーションカーブ
スポイトを使って色をサンプリングし、映像内の特定の色のヒュー、サチュレーション、
またはルミナンスだけを変更できます。


ハイダイナミックレンジ

HDRビデオで、これまで以上に現実に近い世界を作り出してみませんか。Final Cut Proなら、驚くほどリアルな映像の読み込み、編集、グレーディング、配信ができます。高解像度のスコープがあなたの編集に合わせてHDRのブライトネスレベルを反映し、トーンマッピングを使えば、HDRを放送用の標準ダイナミックレンジ出力に簡単に変換できます。多くのMacコンピュータは、ディスプレイ輝度の余力を活用して明るさのレベルを拡張できるので、美しいHDRコンテンツを見ることができます。






レビューを書く

注意: HTMLタグは使用できません!
    悪い           良い

Powered By CeTo-language-japan-common

株式会社KORA-xWIN.JP © 2020